たぶんGW唯一の休み

  • Day:2007.04.30 18:06
  • Cat:MIE
今日は休み。4月はこれで休日2日目。

急だったので特に予定も立てられず、朝いつものように早起きして、伊勢方面の自転車道でもいこうか、もしくは23で四日市まで走るかなと考えながら、昨日は寝た。
今朝布団から出たのは、9時過ぎ。ちゃんと5時に目は開いたんだけど、それから何度も眠り直してしまった。休日の魔力に負けた・・・

朝起きたらもう部屋の中も暑くて、今日はめっちゃいい天気じゃん!やっぱり自転車か?と思ったけど、昨日自転車乗った後にストレッチを怠ったからか、朝はカラダがだるかったので、豊明の麺達にいくことにした。三重に来てからうまいラーメン食べてなかったので、ドライブがてら、たまには他県の空気も吸わないかんかなと思い、10時半に出発。

yokkaichi.jpg
23を走って豊明を目指す。途中、四日市で完全に渋滞にハマり、けっこう時間をくう。長島を過ぎ、名古屋に入ってからは早かった。豊明を過ぎて刈谷に入ってしまったので、少しロスしたけど、津から80キロ2時間弱くらいでした。

mentatu.jpg
約1年ぶりの麺達。とんこつみそと、チャーハン。なかなかうまかった。

帰りは、通称ベルシティとかいう鈴鹿のジャスコによってから帰宅。車も人も多くて、駐車場で車止めるのにずいぶん時間かかった。店舗はそこそこ大きかったけど、まあ普通のジャスコでした。安かったので、ワイヤレスのマウスを買った。

鈴鹿からは23を使わずに、亀山経由で306を走ってきた。途中、ローディーを一人発見。車も多くなく、なかなか走りやすそうな道だったので、今度自転車で走ろう。

それにしても暑くなってきたなあ。名古屋で25℃の表示を見たよ。車運転してても、日差しがきつい。車の中は冷房入れないと厳しかった。こう暑くなってくると、旅に出たくなる・・・讃岐うどんとか食べに行きたいなあw


※追記
今日は名古屋は27℃、亀山は28℃だったらしい。暑かったわけだ。でも、この天候も今日までらしい。明日は津は小雨模様・・・
スポンサーサイト

18時に23℃

【4月29日:マリーナ河芸 (快晴)】

marina.jpg marina1.jpg


最近は日照時間もぐんと伸びて、18時半くらいまでは明るい。今日は仕事が終わる夕方から乗り始め、中勢バイパスあたりを快適に走る。路側帯も広くて走りやすいんだけど、時間帯のせいなのかなんなのか、虫が多いw
それで途中で嫌になって、海岸に近い23号に出る。鈴鹿手前のマリーナ河芸までいって、日が暮れかけてきたので折り返す。

帰宅して今日の気温も見たら、最高気温は18時の23℃。どうりで夕方なのに暑かったわけだ。


Dist:26.34
Ridetime:1:07:31
Avgspeed:23.94
Maxspeed:40.6

河芸海岸

【4月25日:河芸海岸 (曇り時々雨)】

20070425180053.jpg

午前中は雨という予報だったのに、全然降らず。午後になると晴れ間が見えてきたし、天気予報をチェックしても晴れマークだったから、自転車に乗る。それなのに、乗り出してしばらくすると、雨がパラパラ・・・本降りにはならなかったけど、早めに帰宅。

4月も下旬に入って、ずいぶん日が長くなってきた。

Dist:18.12
Ridetime:0:47:50
Avgspeed:23.32
Maxspeed:42.0

幸せは推論することも予見することもできない

  • Day:2007.04.23 19:00
  • Cat:DIARY
20070423190933.jpg

雨の予報だったのに、めっちゃ晴れてるじゃんか・・・午前中は雨がパラついていたけど、夕方にはもう晴れてきてた。どうせ今日は雨だと思ってて、自転車に乗るための準備してなかったよ。今度晴れた日に乗ろうと思っていたのに。気象庁は今後の天気予報の精度を世界一に上げようという目標を立てたようだけど、その報道直後にさっそく外れてますよ・・・

そういえば、サミットの会場が洞爺湖になりましたね。自然環境どうのこうのより、やっぱり警備がしやすいことが決め手になったんだろうなあ。


昨日の記事とは関係なく、昨夜たまたま読んでいた本に、アランの『幸福論』を取り上げられて「幸せ」について扱っていた箇所があったので、ついでにメモしておく。

Read more...

野田知佑『なつかしい川、ふるさとの流れ』

  • Day:2007.04.23 18:44
  • Cat:BOOK

ぼくは20年前、10年前の四万十川の美しさはこんなものじゃなかったと思う気持ちを抑え、初めて四万十川を見るこの二人の目を通して川を楽しむことにした。・・・難しいことをいわずに、今この目の前にある陽光や、清々しい山の空気や、水の音を楽しむこと。少なくとも川の上にいる間は川を楽しもう。文句は陸に上がってからいおう。*209



キレイな川は、もうずいぶん少なくなった。どこもかしこも、護岸工事、堰をつくって、ダムを作って・・・子どものころに遊んだ地元の川も、いまや上流から下流までコンクリートだもんなあ・・・いまはあの川で泳いだり、釣りをするのは難しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。